現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS メキシコ湾の原油流出事故から三年… 海は今

<<   作成日時 : 2013/07/05 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

原油流出事故とは全く別件で、記事を探していたときに、ふと見つけたこちら。

人に襲われるイルカが増加、メキシコ湾
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130401002

イルカが漁師に殺されるケースが増えている、という記事だ。
なのだが、その中にナチュラルに、気になる一文が紛れていた。

 2012年末、ルイジアナ州野生生物漁業局(Department of Wildlife and Fisheries)の職員が同州エルマーズアイランド近郊でハンドウイルカ1頭の死骸を発見したとき、職員たちはそれもまた2010年に起きたメキシコ湾原油流出事故の影響によるものだと考えていた。


えっ。

流出事故以降、イルカの死亡数は5倍近く増えているが、増加分のほとんどは原油の影響によるものだ


えっ。。

また、メキシコ湾の原油流出事故で多くのイルカが死んだことは確かだが、アメリカ全体のイルカの生息状況についてはよくわかっていない。


えっ…。


いや、あの、
原油流出事故の直後って、影響は思ったほどじゃなかったとか、死亡したイルカと事故の因果関係を結論づけるには慎重を期さなければならないとか言ってましたよ…ね?

いつのまにか「原油流出事故で魚もクジラもイルカもいっぱい死んだよー」というのが規定の常識になっていて、しかも「イルカの死亡率は以前の五倍です。」とまで細かい数値が出てたんだ。



ちなみに過去にブログネタにした記事↓

メキシコ湾の原油流出事故でクジラ絶滅の危機。日本に文句言ってる場合じゃない
http://55096962.at.webry.info/201005/article_31.html

メキシコ湾の原油流出事故、続報がぜんぜん入ってこないが現在進行形で被害は拡大中。
http://55096962.at.webry.info/201011/article_17.html


途中経過が全然流れてこないまま、数年経てばいつのまにか結論が出ていて、否応なく残酷な現実が目の前につきつけられる――なんていうのは、世の中よくある話。結局は、 メキシコ湾の生態系は、原油流出によって大打撃を受けた という結論が揺るがなかったようだ。まあ、そらそーですよね…。




ちなみにこの記事、地味に怖い話を書いている。
漁の邪魔になるからって銃で撃ち殺してる人がそれなりの数いるっていう話。

もうね、食うために殺してる日本に文句つけてる場合じゃねーよほんと、食うのはある意味リスペクトだろ…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

メキシコ湾の原油流出事故から三年… 海は今 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる