現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 【大航海オフ】伊勢参りツアー・太陽神様に祈りを込めて

<<   作成日時 : 2013/05/29 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まさか自国主戦の大海戦がくるとは思わず。
海戦の仕切りメンツの中の人たちは、その週末 リアルで陸戦していたとか いなかったとか…
いやほんとゴメンナサイ。とくにネタを期待してた人。次回は… 次回こそは…。

******

というわけでリアル発見つあー。

幼稚園の時に爺ちゃんばあちゃんに連れられて行ったきりだった伊勢神宮。
記憶の中にはおぼろげな風景しか残っていなくて、ほとんど初な気分でお参りできました。

画像


木がでっかい。ヒノキの香りがすごい。
出来たての新しい神殿のすぐとなりで、お参りしている20年目の古いほうの神殿は苔むして、草が生えて茅も減ってる。時の流れ凄いなーとか、なるほどこうなるから建て替えるんだなーとか思いながら参拝して回った。

しかし人混みがすごかった…隅々まで歩こうとすると、外宮・内宮だけで一日がかりですよ奥さん。

画像


ちなみに今回の話の発端

・今年は式年遷宮ですよ! 伊勢いってみたいね!
・うまいものが食いたい
・どっか遊びに行きたいよね
・温泉とかいいんじゃね
・絵師オフしようず
 ↓
全部足した
 ↓
伊勢参りお泊りツアー開催決定

とまぁ色々あり話のイキオイでお伊勢さんツアーが決まったのが数ヶ月前、楽しみにしてた小旅行。


★旅のハイライト★

画像


この写真が全てを語っている。
感じろ。そして察するがいい。

二連弾! とか言いながら枕どうじに2つ投げするのは楽しい。
こうして尊い犠牲のもと、ノルマの一つはぶじに達成されたのである。良い大人は決して真似してはいけません



旅はのっけから予定変更の嵐である。

伊勢にいったら内宮の横の「おかげ横丁」で伊勢うどんと手こね寿司という名物を食べるように、と、あらかじめ事情通のネーデル人に聞いていたはずなのに、内宮前に到着した瞬間、バス停の凄まじい人の列に殺気立ち、腹を減らした艦隊は暴走していた…。
なんと目の前に「松阪牛」の看板。そして持ち帰り用の串焼きの良い香りが屋台から漏れているではないか。

置き去りにされるmaatさんの中の人。

ようやく追いついた時には、すでに話がまとまり「昼飯は松阪牛でいいよね★」…と、いうことになっていた。
是非もなし…。

画像


そしてこれが等級A4とやらの高級な松阪牛のSUKIYAKIコースである。
うまい! とろける! ハフハフ!

めったに食せないであろう美味しすぎるお肉に舌鼓を打ち、なめたかのようにキレイに食べつくす航海者たち。おいしいは正義。行動力を回復したところで午後の戦闘に挑む。アマテラス様にお参りしつつ、護符や神宮暦(宗教R+2)を買い求める人々。

画像


ちなみに境内にたくさんいた鶏は、奈良の春日神社の鹿と同じで神様の使い的な神聖な動物らしい。
ただし放し飼いでキツネや野良猫に襲われることもあるんで、年々減ってるんだそうな。真っ白な和鶏がここの神聖な鶏だそうです。ブロイラーはダメ。


参拝のあとは、内宮横の「おかげ横丁」に突入。
ここがまた魅惑の通りで、やばいくらいに食べ物屋さんが並んでおり。建物も時代劇っぽい雰囲気で統一してあって、ATMやファミリーマートですらこの外見に合わせて特別仕様になっている凝りよう。あれですよ京都の嵐山付近と一緒。すごいデジャヴなのはきっとそのせい。

画像


太鼓実演があったり、生うにやサザエの焼売があったり、団子に冷たいほうじ茶にコロッケに…
ひたすら食い歩きをしているうちに、午後から行く予定だった鳥羽観光は完全に立ち消え。(おい

そしてこちらが赤福本店。
お伊勢さんといえば赤福。どこにいっても赤福。

画像


赤福もちをカキ氷の中につっこんだ「赤福氷」なるものがどうしても食いたいという人がいたので、本店からちょっと離れたイートインコーナーにて。
あれだな宇治金時の変形版…。

画像


伊勢名物も、おみやげ物も、ここでひと通り揃うかんじ。
遊ぶだけ遊んだらお宿へGO。そして次の日に備える。



次の日は、朝から城攻めである。

画像


安土城ダンジョン(レプリカ)

画像


鳥羽水族館に行こうとかいってたのに、現地でパンフレットを見てそのヤバさに気づいた人々がバカウケしてしまい急遽メインに据えられてしまった。いやほんとにヤバかった…

伊勢安土桃山文化村
http://www.ise-bunkamura.co.jp/

何がヤバイかって

 ・あふれでる昭和(バブル)臭
 ・ものすごい過疎
 ・そもそもなぜ伊勢に安土城があるのか

…ていうか、ここはいったいどんな客層狙いだ。中国にありがちなテーマパークとか浮かべる系の遊戯施設である。
ネタとしては面白いけど人には全くおすすめできない、そんな場所。

画像


安土城に入るといきなりNPCがお出迎え。
すげえ! ダンジョンだ!111 興奮して武器を振り回しSSを撮りまくる一行。お前らほんとに年いくつだ。

中に入ると

画像


騎w馬w兵wwww ダンジョン内で馬乗るの反則やろ!111 せめて降りろ!
安土城内は兵士の人形だらけ、ほんとに狙ってる客層が全く分からない。ひたすら戦い、天守閣へと続く階段を登ってゆくとそこには

画像


ボスいたし!

ええーマジかよボス一人かよー
ピラミッド中層かよー! とか言いつつ一行の視線はボスの足元にある大安宅の模型に釘付け。

画像


大航海メンバーは食いつくけど、これだけポソっと置かれても意味がわからん。
うん、まったく狙ってる客層がわかりません。

画像


金のチャチホコと伊勢湾、忘れていましたがこの安土城レプリカは、安土城(展望台)と書かれていました。展望台らしいです。じつは。



そしてさいごに夫婦岩と天岩屋をめぐり、発見物ツアーは終了。

画像


メンバー絵師たちによるヨッパ夜のお絵かき大会の戦果は、また別途! きっと各自どっかに上げてくれるに違いない。

メンツがネタ満載だっただけに旅もネタしかない、予定は未定、そんな二日間でした。
グダグダだけと楽しかったー。また行こうぜ! つぎはリアルロンドン現地集合とかそんな噂もあったりなかったりしますが、えっ…冗談だよね…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【大航海オフ】伊勢参りツアー・太陽神様に祈りを込めて 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる