現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 彩文詞集「ゴーレムの心臓」

<<   作成日時 : 2013/01/23 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ある時、一人の魔法使いが、戯れに泥をこねていた。こまっしゃくれた図体に、瞳は黒いガラス珠。口には毒を吹く舌を差し込んだ。舌の裏には火の紋章が刻んである、とっておき。
そうだ、こいつの名前はロア(咆哮)にしよう、誰にでも吠え付くように、吠えていないとくたくたになってしまうように。

だが魔法使い、何の間違いか、正直者の心臓を嵌め込んだ。

お陰で泥人形はびくびく、どきどき、吠えるたんびに自分が一番びっくりして、腰を抜かしては、また吠える。
「根はいい人間」なんて言われても、嬉しくない顔の泥人形。
魔法使い「おれの顔に泥を塗るのか」
最初から泥なので、泥んこ顔の泥人形。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

彩文詞集「ゴーレムの心臓」 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる