現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様に妖怪なんでも在り… 混沌の町を舞台に繰り広げられるハードボイルドマンガ「エリア51」

<<   作成日時 : 2012/05/10 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

友人宅の本棚漁りで読んでみたマンガ、「エリア51」。
陰影だけでトーン等なしで線太め、という、絵柄は自分のニガテな方向なのだが、キャラクターが良い。

舞台は「人ならざるものたちを一箇所に集め、人間らしく生活させるための空間」エリア51。
主人公は人間だが訳あってエリア51に住むことになった美人女探偵。
相棒はカッパ。

主人公が暗い過去を持つハードボイルドな女探偵だったり、銃をこよなく愛していたり、相棒にも隠している体の欠陥があったり、怨みの相手を追いかけていたり・・・・・・と、設定はベタベタなのだが、出オチにも似たキャラと舞台設定でストーリーを魅力的に盛り上げている。

個人的にツボに入ったのは、主人公が行きつけのパン屋の主人の種族が、ギリシャ神話の牧神「パン」であるところ。パンだからパン屋。パンが前掛けしてクロワッサンとか売ってるの。バカウケ。

バーでのんだくれてるボディコンな天照大御神もかなり良いキャラで、主人公に言うセリフがかなりイケている。
「死んだもんにこだわるのはロクなもんじゃないわよー、うちの親父の話知ってる?」

…イザナギさんのことですね。わかります。

パーティーに誘われてるのに「あたし引きこもってるほうがいいわ」などと言っていたり、名前だけじゃなく、設定に元ネタがそれなりに含まれているのが良い感じ。


他にも、アーサー王(の亡霊)やらネッシーやらヴァイパイアやら、とにかく何でもありでごっちゃに突っ込んだ感があるマンガだが、世界観が出来ているので違和感がなく、むしろ次はどんな荒唐無稽な組み合わせでくるのかとワクワクさせてくれる。このマンガは、神話や伝承が好きで元ネタの分かるマニアに向いているかもしれない。


#最も、ペニー銀貨を目に乗せるのはアーサー王の時代じゃないけどな


****

絵柄はちょっと見づらいけど、リアルに描くとグロくなりすぎるシーンも多いので、このくらい抽象的なほうがいいのかも。アクの強いマンガだが、知り合い(?)が出てくるとニヤリと出来るはず。

エリア51 1 (BUNCH COMICS)
新潮社
2011-06-09
久 正人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エリア51 1 (BUNCH COMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

神様に妖怪なんでも在り… 混沌の町を舞台に繰り広げられるハードボイルドマンガ「エリア51」 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる