現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 冗談かと思ったらマジだったニュース「カゲロウの命が更に短く」

<<   作成日時 : 2011/11/14 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昆虫の「蜉蝣」といえば、日本語でも儚い命を指す言葉。これは、セミと同じく成虫になってから死ぬまでがとても短いことから来ている。
そのカゲロウさんの寿命が、何と水温の上昇により従来の半分程度になってしまうというんだ!

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111028002&expand


まあ半分になるのは、水中で過ごす幼虫の時代のこと。ただでさえ短い、成虫になって地上に出てからの時間が半減するわけではないので一安心といったところだが…。
ただでさえ「儚い命」というイメージの強いカゲロウさんの寿命がさらに短くなるというのは、切なすぎるニュースである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

冗談かと思ったらマジだったニュース「カゲロウの命が更に短く」 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる