現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ツタンカーメンの娘(?)のミイラDNA鑑定」について、ネット配信ニュースが何か変だ

<<   作成日時 : 2008/08/11 20:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前記事で触れた、ツタンカーメンの墓にツタン様と一緒に収められていた二体の未熟児のミイラについて、DNA鑑定をするというニュース。
これについて適当に検索していて、ふと、あることに気がついた。

 …配信元にない文章が付け加えられてませんか。



気になったのは、これ。↓

ライブドアNews
http://news.livedoor.com/article/detail/3766643/

画像



記事の内容なんですが、まずココ。

「特に両親やミイラの母親について調べる。このため王家のすべてのミイラがCTスキャンで調査されるほか、身元不明の女性ミイラ数体からDNA鑑定用の試料が採取された。」

女性のミイラからDNAを採取したのは、アクエンアテンの后であるネフェルティティのミイラを特定するためでは? ネフェルティティのミイラはまだ特定されていないので、現在発見されている、破損の激しいミイラのどれかかもしれない可能性を検証するために、ついでに確認を行うと配信元の英文ソースには書いてありましたが。



次がココ。

「9歳前後で即位し、19歳前後で死去したツタンカーメン王をめぐっては、母親が誰か判明していないほか、脚のけがが壊疽となって死亡したとの説や頭部への打撃により暗殺しれたとの説などがあり、死因は特定されていない。」

ツタンカーメンは両親とも不明で、アクエンアテンの息子、とする説が最も有力というだけだから、書くなら「両親が不明」。
脚の怪我については、死の直前に出来た(骨に治癒痕がない)ことは判明しており、死因になった可能性が高いけど、頭の打撃は、CTスキャンで否定されたじゃないですか…。頭骨に打撃のあとは無し、X線写真に写っていた骨片はミイラ作りで脳をとりだす際に剥がれたもの、という結論が出てます。
死因が完全に特定されたわけではないにせよ、長らく真実とされてきた頭部への打撲説は少なくとも否定されましたがね数年前に。


------------------------------------------------------------

ほかの日本語ソースをあたってみました。
比較してみると、面白いことに、「なんか変」と思った部分は、ライブドアニュースに掲載された記事にしか存在しないようです。


時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%c4%a3%ce%a3%c1%b4%d5%c4%ea&k=200808/2008080700844

画像



AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2502515/3193526

画像



Yahoo! News(元記事は時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000154-jij-int

画像



MSN(産経)News
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080807/mds0808070025000-n1.htm

画像


-------------------------------

私は今まで、英語配信→日本語配信のニュースって、日本語に翻訳される段階で情報量が減ってるだけだと思っていたのです。日本語記事にされたあと、それが転載される過程で余計なものが付け加えられている可能性については、考えてもみなかった。

エジプトネタじゃなかったら気がつかなかったと思う(笑)

個人ブログの「ニュース感想」エントリじゃないんだからさ、時事通信のバナー貼りつつ時事通信の配信にない、しかもあまり適切とは思えない文章を付け加えるのは、どうかと思うのですよ。


それと、細かいけれど、ツタンカーメンが死んだ年齢について、各ソースで「19歳前後」と「18歳前後」が混じっている理由が分かりません。
前記事で貼ったAP通信の記事だと「died around the age of 19 」だから、これを元にしてれば19歳前後になるはずなんですよね。

…なんだかなあ。

原文の重要な部分を削って短くしてるんだから、せめて正確に原文を訳して欲しい。余計なものを入れられるくらいなら、日本語のニュースサイトなんて見出し以下は配信元から来たまんまの記事でいいんじゃないのか。
以下、日本語版で削られてしまった情報を追加しておきます。
興味のある方(&私より英語を理解できる方)は、英語配信の記事を探して読んだほうが良いみたいです。


 ・ハトシェプストのミイラが特定されたことで、
  ハトシェプストの兄トトメスのDNA鑑定もやるらしい

 ・このツタンカーメン墓から見つかった胎児のDNA鑑定自体が、
  ストックしてある王家のミイラを片っ端から
  DNA鑑定していく壮大なプロジェクトの一環

 ・最終目的の一つは、ネフェルティティのミイラの特定

 ・DNA鑑定で王家の系譜が分かるとは思っていない学者もいる。
  ただ宣伝のためにはいいかもね、ツタン様は名前が売れてるから
  と、けっこう冷めた見方

 ・エジプト政府は長らくミイラのDNA鑑定を拒否してきた。
  今回はエジプト人の研究者オンリーでやるからOKみたいだけど、
  正確を期すために外国の研究室に
  サンプルを出してはどうか、という声もある

 ・ミイラが実子または王家の子でなかった場合の
  解釈も既に考えられている


おまけ: CNN(日本語)のサイトがいちばん元ソースに忠実

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「ツタンカーメンの娘(?)のミイラDNA鑑定」について、ネット配信ニュースが何か変だ 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる